カードローンの申込みでよく聞かれる、個人情報機関とは

 

クレジットカードやローンを申し込んだ経験のある方は、どこかで個人情報機関という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。

 

個人情報機関とは個人情報を扱う機関ですが、中でも主に個人の信用情報を取り扱っている事に特徴があります。
信用情報機関とも呼ばれていて、個人の信用情報を管理しながらローン会社等から照会があった際には保有している信用情報を提供しています。
つまり個人情報機関とは、ローン会社と消費者との橋渡し役のような関係にあたると言えます。

 

何度も、消費者金融のプロミス 審査に申し込んでみても、プロミス審査に通過しない場合には個人情報機関に事故情報が載っているかもしれません!
つまり個人情報機関に事故情報が載っていることとは、即日キャッシングを希望しているのに審査に絶対に通過することは出来ないのです。
余談ですが、親にバレないキャッシングならプロミスとして認識されていますが、プロミスでは在籍確認をなしにすることも可能なのです。

 

個人情報機関で扱っている個人情報は幾つかありますが、大きく分けると、個人を特定する情報、契約内容・返済状況に関する情報、取引関連情報、その他に分かれます。まず個人を特定する情報とは、氏名や生年月日、住所、勤務先情報といった基本的な個人情報の事です。
契約内容・返済状況に関する情報とは、契約の種類や契約日等の契約に関する情報や、入金、完済記録や延滞記録、等返済にあたって生じた事実が該当します。取引関連情報とは、債務整理、債権譲渡、破産申立のような取引の中で生じた事実を指します。

 

個人情報機関とはこれまでご説明したとおりこれらの個人情報を膨大に保有している機関の事ですが、登録されている情報の照会はローン会社のみというわけではなく、登録されている方自身が情報開示請求をする事も可能です。

 

ブラックリストとは何か

 

ブラックリストという言葉を時折耳にしますが、ブラックリストとはどのようなものかご存知でしょうか。その名から何やら曰く付きの冊子のようなイメージが思い浮かぶかもしれませんが、実はブラックリストという名の冊子があるわけではありません。

 

ブラックリストとは、カードローン 審査における過去の事故情報の事を便宜上そう呼んでいるもので、個人情報機関・信用情報機関に登録されているものです。
個人情報機関のブラックリストに登録されると、クレジット会社やローン会社の審査等で照会された時に事故情報も全て把握される事になり、場合によってはそれで審査が通らなくなる事もありえます。
つまりブラックリストとは、消費者・ローン会社の双方共にあまり有難くない情報であり、ないに越した事はない情報です。

 

当たり前ですが、ブラックリストに載る=カードローン 借り換えや住宅ローンの借り換えも審査通過には不利になるでしょう。

 

ブラックリストに登録されるケースはローン会社により多少違いがありますが、返済が数ヶ月に渡って遅れている場合や、短期間に延滞が何度も思った場合等にも登録されるケースが多く見られます。一度の返済遅れでリストに登録というのはかなりまれなパターンでしょう。

 

ブラックリストに登録されると新たなローンが組めなくなる可能性がかなり高くなりますが、本人が登録された場合だけではなくその家族が登録された場合も同様に審査に通らなくなる可能性は上がります。

 

個人情報機関開示制度について

 

個人情報機関に個人情報を登録されている場合、それらの情報を確認する事が出来ます。
その事を個人情報機関開示制度と呼び、個人情報機関開示手続きには幾つかの方法があります。

 

まず1つめが、パソコンやスマートフォン又は携帯電話等のインターネットを利用した開示申込み手続きです。
これらのメリットは、自分の都合のいい時にインターネットによる画面上で開示報告書を受け取る事が出来る為にスピーディ且つ便利であるという点です。

 

以前私がアコム 審査に申し込んだときに審査に通らなかったので信用情報を開示してみましたが、案の定私の信用情報に傷が付いていました。
これでは、アコムやプロミスに申し込んでも審査に通過することができないと納得し、その他の方法でお金を工面したことを覚えています。

 

2つめは郵送による開示手続きで、申込書や本人確認の出来る書類等を郵送後開示報告書が返送されるという仕組みです。
こちらは時間がかかってしまうのが難点ですが、インターネットが利用しづらい環境の方や書面による回答が得たい方に便利です。

 

3つめにあげられるのが窓口による開示です。こちらは各個人情報機関の窓口まで行かなくてはならない為に遠方の方にとっては不便ですが、確実に手渡しで受け取る事が出来る点や手数料が安い事がメリットです。

 

いずれも開示される情報はクレジットの契約等に関係した情報である為、犯罪歴や思想等といった信用情報に関わりのない個人情報は保有されていません。また、各情報にはそれぞれ保有期間が定められていて、定められた期間が過ぎれば登録抹消される仕組みになっています。

 

話はそれますが現在では30日間無利息 キャッシングサービスは当たり前ですね!
なかでもプロミス・ノーローンあたりが人気が高く審査に通過する確率も高くなりますが、もっと嬉しいのは50万円以内の借り入れなら収入証明書うが不要ということですね。

 

ローン会社と消費者を結ぶ役割を担うcic個人情報機関

 

クレジットやローンに関係する信用情報を扱う情報機関の一つが、cic個人情報機関です。cic個人情報機関とはクレジット会社やローン会社等を会員とし、貸金業法に基づく指定個人情報機関として国からも指定を受けています。

 

具体的な業務内容はクレジット・ローンに関する信用情報の取得や照会に対する情報提供で、表立って目立つ事は少ないものの、企業と消費者を結ぶ重要な役割を果たしています。
まずcic個人情報機関に登録している消費者金融は、プロミスやアコムなどが登録しています。

 

なので、アコムやプロミスの審査に落ちてしまう場合は、cic個人情報機関で自分の審査用情報を開示してみてはいかがでしょうか?

 

まずcic個人情報機関では、加盟している会員企業から取引を行った消費者に関する信用情報を収集します。これらの信用情報を得るには消費者本人の同意が必要です。信用情報には、ローン等の申込情報、契約内容や支払状況が記録されたクレジット情報、利用事実を示す利用記録情報等があり、いずれも一定の期間を過ぎるまで記録が残っています。

 

会員として加盟している企業は、消費者から新たな契約申込みを受けた際にはcic個人情報機関に照会を行う事で申込者の過去のクレジット情報や事故情報等を確認する事が可能です。

 

個人情報保護や情報漏えいの不安が叫ばれる昨今ですが、cic個人情報機関で保有している個人情報はオンライン登録時にデータの暗号化を行う等厳重なセキュリティで保護されています。

 

電話による在籍確認とは?親にばれないのと一度は考えたことはありませんか?
一度でも、そう思いましたら在籍確認なしの消費者金融|ここなら勤務先にバレないで安心!をチェックしてみてください。

 

信用情報を削除したい場合は弁護士に相談を

 

個人情報・信用情報機関にはアコム マスターカードやローンに関わる様々な信用情報が多数集まっていますが、延滞や自己破産等何らかの事故が発生した場合はその事故情報も全て残ります。中には事実と異なる情報が登録されてしまっている場合もまれに存在します。これらの情報を削除して欲しいといった場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。

 

まず、その削除してもらいたい信用情報が事実であるか否かによって違いがあります。
その信用情報が事実である場合は、残念ながら削除をしてもらう事は出来ないと定められています。
この場合各信用情報ごとに保有期間が定められているので、その期間が過ぎるのを待ちましょう。

 

次にその信用情報が事実とは異なる内容であった場合ですが、この場合は各信用情報機関に削除依頼を行う事が必要です。
例えばよく聞かれる例として完済したはずの債務が未納・延滞として処理されてしまっているというような場合があげられます。
こういった場合自身で依頼する事も出来ますが、弁護士に相談をする方がスムーズです。

 

日頃から懇意な弁護士がいるといったツテがない場合は、民事に強い弁護士や債務整理に強い弁護士で探してみると良いでしょう。
最近では無料相談を行っている弁護士も多く、地域によってはその地域の弁護士会に相談窓口が設置されている場合もあります。

 

ご自分の信用情報がクリーンになりましたら即日融資対応のキャッシングに申し込んでみてもいいでしょう。
お金を借りると考えたときに、消費者金融 即日融資は大きなアドバンテージになるでしょう。
なぜかと言いますと、消費者金融の即日融資は申し込みから現金を手にするまで早いと1時間程度で完了することから、給料日前の急な出費に対応してくれる強い味方なのです。